無料
エロ
動画

サラの記憶

サラの性体験を赤裸々に綴ります。
ブログ・カウンター
セフレ
Today:
人妻
Yesterday:
不倫

プロフィール

サラ
  • Author:サラ

  • 私「サラ」の経験した性体験を元に書き綴りたいと思います。
  • RSS


  • 11 «  | 2017-12 |  » 01
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    最新記事
  • サラさんへ … ナヲ(09/12)

  • 最新記事
  • [ 目 次 ](11/03)
  • 再就職(2)(07/28)
  • 再就職(1)(07/13)
  • 結婚生活(21)(07/01)
  • 結婚生活(20)(06/29)
  • 結婚生活(19)(06/20)
  • 結婚生活(18)(06/15)
  • 結婚生活(17)(06/07)
  • 結婚生活(16)(06/04)
  • 結婚生活(15)(05/31)

  • アーカイブ
  • 2010年11月(1)
  • 2007年07月(3)
  • 2007年06月(5)
  • 2007年05月(11)
  • 2007年04月(11)
  • 2007年03月(16)
  • 2007年02月(9)
  • 2007年01月(18)
  • 2006年12月(20)
  • 2006年11月(25)
  • 2006年10月(18)
  • 2006年09月(26)
  • 2006年08月(29)
  • 2006年07月(25)

  • カテゴリー
  • はじめに (1)
  • 20代 OL時代 (8)
  • 二十歳 デパート時代 (30)
  • 短大時代 (59)
  • 高校時代 (39)
  • 中学時代 (16)
  • 小学校時代 (4)
  • 幼少の頃 (2)
  • AV・TV・映画 (7)
  • サラの独り言 (4)
  • 結婚生活 (45)
  • 離婚後 (2)

  • Love
  • 僕の離婚バトル〜仁義無き戦い〜 
  • 不倫からはじまった恋・・執念、嫉妬、壮絶な結婚
  • ひろきのややこしい問題☆男が語る婚外恋愛(不倫)日記
  • LOVE GUIDE 〜欲望が果てるまで〜
  • 弱い男が・・・ここにいた (夫婦終焉、別居と離婚へ)
  • のんびり気ままに・・・
  • 俺と姉と妹と
  • キムまぐろのDTIBLOGカスタマイズ入門

  • Love

    ブログ内検索

  • エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

  • admin
  • 【 結婚生活(16) 】


    私は夫の後輩が何のようで私に連絡をしてきたのか、

    不安で不安でたまりませんでした。

    決して良いことではないでしょう・・・。


    何を言い出されるのか・・・


    しかも後輩3人のうち、以前から来ていた一人は名前を知っていましたが、

    今回電話をくれたのは、残りの2人・・・

    コロッとした人か、背が高くネチッとした暗い感じの人か、

    それすらもわかりませんでした。


    日曜日、待ち合わせの喫茶店へ5分前に行きましたが、

    すでに来ていました。

    背が高くネチッとした暗い感じの方の人でした。


    「失礼します。」と声をかけ、向い側に腰掛けました。

    「すみません。お呼びだてして。

     コーヒーでいいですか?」

    言葉は丁寧だけど、それすらをも楽しんでいるような雰囲気がありました。

    「はい」と答え、次の言葉を待ちました。


    コーヒーが運ばれたあと、ようやく話が始まりました。


    「実は、買って頂きたいものがあって・・・。」

    「買う?何をですか?」と問い返すと、

    「これなんですけど」と言って、

    テーブルの上に白い封筒がおかれました。


    相手の顔を見ながら、封筒を手に取り、中を見ると

    それは、先日夫が私に見せたのと同じ写真でした。


    「どうしてあなたがこれを・・・」

    (持っているのですか?と聞きたかったのですが、

     口の中が乾いて、そこまで言うのが精一杯でした。)


    ニヤニヤしながら、

    「実はオレ、趣味で現像やってるんで、

     この間の写真の現像、頼まれたんです。

     写真屋に持っていっても、こういうのは焼いてくれないから。」


    (そうだったんだ・・・。沸々と夫への憎しみがまた沸きあがってくるのでした。)


    「こういう写真は、他の人に見られたくないだろうから、

     買ってもらえるかなと思ったんだけど・・・。

     どうすかね?」


    「買えと言われても・・・・」

    俯いて、時折上目遣いで相手を見ると

    相変わらずニヤニヤ薄ら笑いを浮かべています。


    そして、決まりきった言葉を口にしたのです。

    「お金が無いなら、体で払ってもらってもいいんだけど・・・」


    (そういうことか・・・)


    「1回きりで、写真を返してもらえますか?」


    「1回だけですか〜?」


    「1回だけで、写真を全部返してくれるなら付き合いますけど、

     そうじゃないなら・・・」


    私の剣幕に驚いたのか、


    「わかりましたよ。」


    私は、封筒をバッグにしまい、店の外へ出ました。


    会計を済ませて出てきたその後輩は、車で来てるからと、

    駐車場に回り、私は黙って助手席に乗りました。
     

    【2007/06/04 20:47】 結婚生活 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    close