無料
エロ
動画

サラの記憶

サラの性体験を赤裸々に綴ります。
ブログ・カウンター
セフレ
Today:
人妻
Yesterday:
不倫

プロフィール

サラ
  • Author:サラ

  • 私「サラ」の経験した性体験を元に書き綴りたいと思います。
  • RSS


  • 10 «  | 2018-11 |  » 12
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    最新記事
  • サラさんへ … ナヲ(09/12)

  • 最新記事
  • [ 目 次 ](11/03)
  • 再就職(2)(07/28)
  • 再就職(1)(07/13)
  • 結婚生活(21)(07/01)
  • 結婚生活(20)(06/29)
  • 結婚生活(19)(06/20)
  • 結婚生活(18)(06/15)
  • 結婚生活(17)(06/07)
  • 結婚生活(16)(06/04)
  • 結婚生活(15)(05/31)

  • アーカイブ
  • 2010年11月(1)
  • 2007年07月(3)
  • 2007年06月(5)
  • 2007年05月(11)
  • 2007年04月(11)
  • 2007年03月(16)
  • 2007年02月(9)
  • 2007年01月(18)
  • 2006年12月(20)
  • 2006年11月(25)
  • 2006年10月(18)
  • 2006年09月(26)
  • 2006年08月(29)
  • 2006年07月(25)

  • カテゴリー
  • はじめに (1)
  • 20代 OL時代 (8)
  • 二十歳 デパート時代 (30)
  • 短大時代 (59)
  • 高校時代 (39)
  • 中学時代 (16)
  • 小学校時代 (4)
  • 幼少の頃 (2)
  • AV・TV・映画 (7)
  • サラの独り言 (4)
  • 結婚生活 (45)
  • 離婚後 (2)

  • Love
  • 僕の離婚バトル〜仁義無き戦い〜 
  • 不倫からはじまった恋・・執念、嫉妬、壮絶な結婚
  • ひろきのややこしい問題☆男が語る婚外恋愛(不倫)日記
  • LOVE GUIDE 〜欲望が果てるまで〜
  • 弱い男が・・・ここにいた (夫婦終焉、別居と離婚へ)
  • のんびり気ままに・・・
  • 俺と姉と妹と
  • キムまぐろのDTIBLOGカスタマイズ入門

  • Love

    ブログ内検索

  • エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

    まとめブログ

  • admin
  • 【 東京の人(9) 】


    洋服を脱いだ私は、

    布団の中に入りました。

    秋山さんは、恐い顔をしたまま、

    その布団をまくって、

    私の乳房を掴んで、揉み始めました。




    乳首を思い切り吸われて、

    思わず「イタイッ!」と声が出てしまいました。


    わざと、痛くしたのでしょうか?


    あきらかに、優しい態度ではなく、

    抱きたくないなら、抱かなければ良いのに、

    乱暴に抱くのは、何故だったのでしょう?


    おもむろにズボンのベルトを外し、

    ファスナーを下げ・・・

    私の首の下当たりにまたがり、

    まだ、大きくなっていないものを

    私の口の中に入れようとしました。


    シャワーを浴びていないそのモノは、

    汗と尿がまじったような、少しむせるような臭いを放っていましたが、

    口に押し込まれたまま、私はソレをしゃぶりました。

    頭も抑えられ、動かされ、

    もしかして、このまま口の中に出されるのかしら?

    と、思いました。


    大きく硬くなり、口からはみ出してしまうようになると

    それを出して、

    右手で私のワレメ付近をまさぐり始めました。


    まだ濡れていないヒダの中に指を入れ、

    このときもまた、「イタィッ!」と声が出ましたが、

    そんな声にはお構いもなく、

    指でその中をかき混ぜると、

    ピチャピチャと音がし始めました。


    奥の方は濡れてきたのでしょうか?


    すると、さきほど私の口の中で大きくなったモノを

    まだ入り口付近は濡れていないにも関わらず、

    押し付けて、かきわけるようにグリグリと入れてきました。


    イタくて、(待って!)と、思ったのですが、

    聞き入れてもらえるとも思えず、ガマンしていました。


    濡れていないので、なかなかすんなりとは挿入できず、

    少しだけ、出したり入れたりしつつ挿入すると、

    勝手に濡れてくるものなのですね。


    まだ完全に潤った状態ではなかったと思うのですが、

    多少濡れ始めた中に、

    思い切りグリグリと入れられました。


    両足を上に持ち上げられ、

    腰を抑えられて、ガンガンと突かれました。


    痛くて、涙が出そうでした・・・。


    もしかして・・・



    赤ちゃんがダメになってしまうように、

    思い切り子宮の中を突かれたのでしょうか?


    ガンガン・・・これでもか!と言うほど、突かれました。

    そのまま、体を横向きにされ、

    そして四つんばいの格好をさせられました。


    その間も入れられたままで、

    四つんばいになったあとも、ガンガン突かれました。

    仰向けのときと、突かれる場所が、微妙に違います。


    でも、後ろから突かれたときには、

    感じる部分に彼の先っちょが当たり、

    思わず「アン  ァン 」声が出てしまいました。


    後ろから覆いかぶさってきて、


    乳房をもまれ、乳首をグリグリされました。

    結構激しくいじられているので、

    普段ならきっと痛いはずなのに、

    感じ始めているときは、痛く感じないので、不思議です。


    お腹の辺りに手をあてがわれて、ガンガン突かれると、

    あきらかに私の体の中で、ソレがうごめいているのがわかります。


    お腹の方まで届きそうな勢いで、

    お腹に手を当ててることで、秋山さん自身も

    自分のモノを手に感じているのかも知れません。


    更に激しく動かし、イッタようですが、

    更にそのまま、もっと腰を動かして居たようです。


    再び私を仰向けにして、両膝を立てさせ、

    私の腰を両手で持ち上げるようにしながら支えて、

    そこにガンガン突きこんできました。

    腸が突き破られるのではないかと思うほど、

    奥まで、激しく突かれたのでした。

    そして、もう一度放出したのか、

    私の体の上にグタ〜ッと体を預けてきました。


    そして、そのときに、秋山さんへ抱いていた恋心は、

    完全になくなっていくのを感じました。






    その後数日して、生理がきました。


    ただ遅れていただけだったのです。


    でも、それによって、秋山さんの本性を知ることができて

    良かったと思いました。



    【2007/01/29 01:36】 二十歳 デパート時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)

    【 ぶいさんへ 】
    そうですね・・・。でも、私が出逢った男性は、性欲を満たしたい男性ばかりのような気がして・・・・男性はみなそういうもの・・・と思えてしまうかも知れません。そうじゃない人も本当は居ることもわかっては居るのですけどね。このあとも、そういう男性と沢山出逢ってしまいましたからね・・・。
    【2007/02/04 00:38】 URL | サラ [ 編集]

    【 何だか 】
    出張先で性欲を満たせる相手が欲しかったような感じがしますねぇ…
    東海地方の大学に通っていた高校時代の友人がいますが、東海地方にカノジョがいるにも拘わらず、休みで実家に戻って来るとそこにも高校生のカノジョがいたらしいです。
    休みで戻って来るたびにセックスしていたところ、その高校生のカノジョに「逢うとエッチしかしないからもうイヤだ」と言われて別れられてしまったそうですが、友人は懲りもせず新しいカノジョを見つけてはセックスに励んでいたようです。
    結局、大学のある東海地方に戻ってはそこのカノジョとセックスを楽しみ、実家に戻ればそこでもセックスを楽しみ…というコトをしていたところ、両方にそれぞれの存在がバレてしまい、別れられてしまったと笑いながら言っていました。

    秋山さんという方もきっとぶいの友人と同じように、行った先で性欲を満たせる遊び相手が欲しかったのを言葉巧みに…って感じじゃないですかねぇ?
    ま、そういう男とはサッサと別れられて良かったと思いますよ〜
    【2007/01/30 00:46】 URL | ぶい [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する




    close