無料
エロ
動画

サラの記憶

サラの性体験を赤裸々に綴ります。
ブログ・カウンター
セフレ
Today:
人妻
Yesterday:
不倫

プロフィール

サラ
  • Author:サラ

  • 私「サラ」の経験した性体験を元に書き綴りたいと思います。
  • RSS


  • 07 «  | 2017-08 |  » 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    最新記事
  • サラさんへ … ナヲ(09/12)

  • 最新記事
  • [ 目 次 ](11/03)
  • 再就職(2)(07/28)
  • 再就職(1)(07/13)
  • 結婚生活(21)(07/01)
  • 結婚生活(20)(06/29)
  • 結婚生活(19)(06/20)
  • 結婚生活(18)(06/15)
  • 結婚生活(17)(06/07)
  • 結婚生活(16)(06/04)
  • 結婚生活(15)(05/31)

  • アーカイブ
  • 2010年11月(1)
  • 2007年07月(3)
  • 2007年06月(5)
  • 2007年05月(11)
  • 2007年04月(11)
  • 2007年03月(16)
  • 2007年02月(9)
  • 2007年01月(18)
  • 2006年12月(20)
  • 2006年11月(25)
  • 2006年10月(18)
  • 2006年09月(26)
  • 2006年08月(29)
  • 2006年07月(25)

  • カテゴリー
  • はじめに (1)
  • 20代 OL時代 (8)
  • 二十歳 デパート時代 (30)
  • 短大時代 (59)
  • 高校時代 (39)
  • 中学時代 (16)
  • 小学校時代 (4)
  • 幼少の頃 (2)
  • AV・TV・映画 (7)
  • サラの独り言 (4)
  • 結婚生活 (45)
  • 離婚後 (2)

  • Love
  • 僕の離婚バトル〜仁義無き戦い〜 
  • 不倫からはじまった恋・・執念、嫉妬、壮絶な結婚
  • ひろきのややこしい問題☆男が語る婚外恋愛(不倫)日記
  • LOVE GUIDE 〜欲望が果てるまで〜
  • 弱い男が・・・ここにいた (夫婦終焉、別居と離婚へ)
  • のんびり気ままに・・・
  • 俺と姉と妹と
  • キムまぐろのDTIBLOGカスタマイズ入門

  • Love

    ブログ内検索

  • エログ

    フルHDエロ動画

    ブログ

    チャットレディーブログ

    DXJOBのお仕事

    アダルトSNS モンロー

  • admin
  • 【 パン屋さんでのアルバイト(2) 】


    バイトの終了時間が刻一刻と迫っています。

    私が社長に呼ばれているのを知ってる

    先輩や、バイトのみんなは、

    私だけえこひいきでもされているかのように

    冷たい視線を送りつけ、

    わざとぶつかったり、

    平気でいじわるをしてきます。


    ありがたくもない、社長に目をかけられて、

    職場のみんなにいじさるされるなんて、

    やってられない!と思いました。


    そして、とうとうバイトの終了時間が終わり、

    着替えて社長室へ行きました。


    ...read more
    【2006/12/09 23:25】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 パン屋さんでのアルバイト(1) 】


    冬休みが終わった後、学校へ通いながら、

    しかも自動車学校にも通いながら、

    アルバイトを始めていました。

    それは、喫茶店も併設しているパン屋さんでした。

    朝6時から、学校が始まるまでのおよそ2時間を

    朝の弱い私が始めていたのです。

    そのときの私は、何かしたかったのだと思います。


    そのバイト先では、

    白い半袖のユニフォームがあり、

    更衣室で着替えるのが日課でした。

    ...read more
    【2006/12/08 23:59】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 トムとの出逢い(6) 】


    その後も、沈黙の不穏の空気の中、

    私は、牧村君に

    「もう、遅いから帰ったら?」と言いました。

    すると、

    「そいつが居るのに、俺だけ帰れるか!」

    と、凄い剣幕で言われました。


    仕方なく、

    3人で雑魚寝をすることにしたのですが・・・
    ...read more
    【2006/12/06 20:49】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 トムとの出逢い(5) 】


    その後、トムとは卒業が近づくまで

    付き合っていました。

    でも、感覚は付き合う・・・というより、

    一緒に遊ぶ・・・という感じです。

    アパートに一人で淋しかった私は

    トムがバイクで遊びに来てくれるのが、

    楽しみになっていました。


    それは、弟のような友達のような感覚で、

    Hもしたければする・・・というような感じでした。


    ただ、最後にイタイ事がありました。


    ...read more
    【2006/12/05 23:11】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(6)
    【 トムとの出逢い(4) 】


    トムは、ブリーフを穿いたまま

    腰を動かしています。

    動かしながら、私に

    「オレ・・・何人目?」と聞いてきました。


    私は・・・

    「二人目」と答えました。


    「トムは?」と聞くと、


    「オレも二人目」と、答えました。


    「じゃあ、二人目同志だね?」

    そう言って、二人で笑いながら見つめ合いました。


    ガマンできなくなった私は、トムに・・・



    ...read more
    【2006/12/04 00:03】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 トムとの出逢い(3) 】


    長い長〜いキスのあと、

    ようやく唇を離してくれましたが、

    唇が腫れちゃったんじゃないかと思うほどでした。


    シャンペンや、缶酎ハイを飲んで、

    気が付くと、もう最終バスが出てしまっていました。


    ...read more
    【2006/12/03 23:38】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 トムとの出逢い(2) 】


    自動車学校で、トムと逢った時、

    周りに仲間が居たので、

    プレゼントのお礼が言いたかったのに、

    言えませんでした。


    代わりに・・・・

    自販機で飲み物を買おうとしたときに、

    トムに見えるように小銭入れを出して、

    「これ、イイでしょう♪」と、

    トムにだけ聞こえるように・・・

    でも、他の人に聞かれてもおかしくないように

    言いました。

    トムも

    「うん。いいんじゃない?」と、

    笑顔で答えました。


    そうです。

    このスヌーピー柄の小銭入れが、

    トムからのプレゼントだったのです。


    それから、ときどき、二人で

    マックでお茶を飲んだりするようになって、

    いろいろ話をするようになりました。




    ...read more
    【2006/11/30 23:59】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 トムとの出逢い(1) 】


    晴彦とのチョッピリ切ないできごとがあり、

    その後は、平穏に学校生活を送っていましたが、

    もうすぐ冬休みに入ろうとする頃、

    自動車学校に通うことにしました。

    就職してからよりも、学生のうちに取っておいた方が

    いいんじゃない?という母の勧めもありました。

    私としては、彼とかだんな様の運転する車の

    助手席に乗せてもらうことの方が

    夢として描けていたのですが、

    将来結婚して、

    だんな様が飲み会に参加して遅くなったときに、

    自分が免許を持っていれば、

    お迎えにいくことができる・・・なんて思って、

    免許を取ろうと思ったのです。


    そして、学校の近くの自動車学校に通い始めました。

    そこで出逢ったのがトムでした。



    ...read more
    【2006/11/29 22:01】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
    【 晴彦との別れ 】


    晴彦に言われた言葉がショックではあったけれど、

    それよりも晴彦とひとつになれたことの喜びの方が大きく、

    晴彦になんと言われようと、

    もっと晴彦とひとつで居たいと思いました。



    ...read more
    【2006/11/28 23:59】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(3)
    【 晴彦との再会(6) 】


    やがて、晴彦が、

    私のパジャマのボタンを外し始めました。
    ...read more
    【2006/11/27 23:13】 短大時代 | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)




    close